足病学と柔道整復学(柔道帯を使った骨折・脱臼の整復)の勉強会に行きました - 松戸市 常盤平の整骨院

ペンギン整骨院

医療情報, 日記・ブログ, 院長日記

足病学と柔道整復学(柔道帯を使った骨折・脱臼の整復)の勉強会に行きました

去る8月26日、

当院の所属する柔道整復師会・松戸支部の佐々木先生のところで、

足病学と柔道の帯を使った骨折と脱臼の私的勉強会がありました。
Dsc_4272

sun

佐々木先生は、ベテランの柔道整復師(接骨院の先生)で、
足の専門家でもあり、柔道クラブの指導者でもあります。

足病学は佐々木先生のもとで継続的に行われている勉強会の続きですが、

今回はトレッドミル(ランニングマシン)を使い、
参加者みんなで実際に歩いて、動画を撮影したりして
歩行分析です。

_20180929_173735_2

_20180826_151108

Dsc_4275_2

色々と気づきのある中で
私も自分の歩行を動画に撮って特に気づいた一つは、

やはり裸足で歩いてる時と
靴(インソール入り)で歩いてる時で、歩き方とスピードが違う。
裸足の時は時速4kmくらいなのが、靴の時は時速6kmを超える
ということ。
いかに歩くことに対して
靴 や インソール が重要な役割をしているかを実感しました。
その分、靴とインソールがちゃんとしたものを選ばないといけない、と思いました。

Screenshot_20180928184306

footshoe

さて、続いて
柔道の帯を使った骨折や脱臼の整復(骨をはめる技術)についてです。

一般に、骨を入れる「術者」と 患部を支える「助手」に分けるのですが、
状況的に「助手」がいない場合や
体形的に「手が届かない」「足が届かない」「引っ張る力が足らない」という場合に、
役に立っつ技術です。

Ws002139

Ws002137

これは、なかなか役に立ちますnote

こういう「ほねつぎ」の伝統技術は資料としてまとめておかないと
消えてなくなってしまうので、
本来ならば書籍にしておくべきだなぁ、と思います。

Dsc_4276

2018.9.30

この記事を共有する

腰・肩・首の痛みを解消したい方へ

松戸市,常盤平駅の整骨院

平日20時まで受付 強もみ・骨盤矯正が評判 常盤平駅より徒歩5分 巻き爪補正も評判 駐車場あり

腰痛・肩・首・頭痛を解消したい方へ

各種保険・交通事故・労災対応

初検:1割500円 3割1,200円

早く巻き爪を治したい方へ