2月11日に『ケトン体を知って健康に生きる』県民公開講演会がありました - 松戸市 常盤平の整骨院

ペンギン整骨院

医療情報, 日記・ブログ, 院長日記

2月11日に『ケトン体を知って健康に生きる』県民公開講演会がありました

去るH30年2月11日、千葉県柔道整復師会 主催、千葉県民公開講演会がありました。

テーマは
『ケトン体を知って健康に生きる』

講師は、糖質制限、ケトン体で有名な
宗田 哲男 先生です。

Dsc_6475flair

宗田先生は ご実家が和菓子屋さんで、
「糖質制限」とは真逆の様な環境でお生まれのお医者んさんですが、
ご自身がⅡ型 糖尿病になり、
ご自身で色々と調べ、自分の体を使って実験(血液検査など)をして、
「人間は肉食が基本である。糖質は制限すべきである」
「現代人はお肉と油・脂が足らなすぎる」という結論に至ったそうです。

興味深かったのは、お米を食べた後は血糖値が上がるが(当然)、
お肉を食べると血糖値がほとんど上がらない、ということ。
ちょっと驚きましたsweat02

Dsc_6482

脳へのエネルギーといえば糖質が有名ですが、
糖質を制限し、タンパク質を主食とすることで
ケトン体質にすると
ケトン体が脳への栄養となるし、

全身に対しては
細胞内のミトコンドリアが元気になって
有酸素系の効率的なエネルギー生産であるTCAサイクルが
活発に使えるということでした。

宗田先生の食生活は、
朝はMCTオイル(中鎖脂肪酸)を入れたコーヒー「バターコーヒー」、
ゆで卵、
夜は赤身のお肉400g、だそうです。

特にお肉は
鳥のささ身などではなく、
鉄分やビタミンを豊富に含んだ赤身のお肉が良いのだと。
とにかく
「お肉をタップリ食べてください。ささ身ではなく、鉄分やビタミンの豊富な赤身です」
と何度も言ってたのが印象的でした。

お肉が苦手な人は
魚でOKだそうです。

また、
脳や神経の材料である脂肪も摂りましょう。
MCTオイル(中鎖脂肪酸)が大切です。
との事でした。

Dsc_6501

宗田先生は全然お米を食べてないようですが、
宗田先生のクリニック(宗田マタニティクリニック)では、
入院される患者さんにお肉などタンパク質多めですが
少しですがちゃんとお米が出るそうです。
けっして過剰に「糖質制限」を押し付けているわけではないところが
さらに興味深かったです。

1型糖尿病(小児、先天的な糖尿病)や、てんかん、
妊娠糖尿病・糖尿病妊娠にも
有効だそうです。
ただ、さすがにこの辺になってくると専門的になってくるので、
自己判断ではなく
宗田先生に相談しながらやる方がイイとは思います

Dsc_6484

pig

私も一昨年から去年にかけて
食事の内容や運動で
1年で10㎏のダイエットに成功しました。
宗田先生ほど「糖質0にすべき」とは言いませんが、
やっぱり現代人は活動量に比べて糖質が多すぎると思うので
「糖質を減らす」というのは賛成です。
(アスリートは糖質は不可欠とは思いますが)

宗田先生も
「せめて炭水化物4:脂質3:タンパク質3から」と言っています。

気をつけないといけないのが、
糖質を制限したら食事の量全体が減ってしまう人。
糖質制限したら元気もなくなった、とならないように、
あくまでも、糖質を減らして タンパク質と脂質を増やして、
全体量は減らさないというのが基本だと思います。

Dsc_6487

uppaper

質疑応答ではたくさんの質問がされてました。

・糖質制限を実践してるが上手くいかない。
・家族がパニック障害に罹患してるのだが糖質制限は有効か?
などなど。

色んな質問がでて、
皆さんの熱心さと、色々な健康の不安を抱えてるんだなぁ、と感じました。

講演会終了後も
個別で質問される方 や サインを求める方で
自然と行列ができて、
宗田先生の人気の高さを感じました。

Dsc_6491

bell

ちなみこの日、主催する側である
千葉県柔道整復師会の学術部の
私のお仕事は、
・開演前に来場者さん誘導のための看板係。
・講演中の会場の照明係 でした。
(;^ω^)

Dsc_6474

Dsc_6478_2

sun
宗田先生のFacebook⇒ こちら
宗田マタニティクリニック⇒ こちら

fuji

2018.3.31

この記事を共有する

腰・肩・首の痛みを解消したい方へ

松戸市,常盤平駅の整骨院

平日20時まで受付 強もみ・骨盤矯正が評判 常盤平駅より徒歩5分 巻き爪補正も評判 駐車場あり

腰痛・肩・首・頭痛を解消したい方へ

各種保険・交通事故・労災対応

初検:1割500円 3割1,200円

早く巻き爪を治したい方へ