「ダンサーのケガ予防、正しく身体を使うために必要なエクササイズの指導ポイント」(AODT・ダンス指導者と治療師の為のワークショップ)に参加しました - 松戸市 常盤平の整骨院

ペンギン整骨院

医療情報, 日記・ブログ, 院長日記

「ダンサーのケガ予防、正しく身体を使うために必要なエクササイズの指導ポイント」(AODT・ダンス指導者と治療師の為のワークショップ)に参加しました

さて久しぶりのブログです。(;´∀`)
なかなかご報告してませんが、
日頃からけっこうアチコッチ顔を出して「患者さんの役に立つ情報が手に入るとイイなぁ」とウロウロしております。
(*´∀`*)ゞエヘヘ♪
sun
さて、今回は 先月1/29に
AODTの「ダンス指導者と治療師の為のワークショップ」
ダンサーのケガ予防、正しく身体を使うために必要なエクササイズの指導ポイント

に参加しました。

講師は、池島 一十衣 先生(練馬区 池島接骨院 院長)。
私としては個人的に日頃からお世話になっております。
_(_^_)_ヘヘ~

Aodt16195449_1520335084651138_570_2

池島先生は、
バレエに関して造詣が深く、広く情報を伝えたいとブログでもご活躍です。

私と池島先生は
13~15年前(たぶん…(^_^;)w)に
池島先生が東京都の柔道整復師の学会で
バレエとケガ・傷害に関する研究発表をされた時に
以前からバレエの動きに興味があった私が
質問に伺ってからのお付き合いです。

当時は今と違って バレエと医学・トレーニングに関する書籍も情報も少なく苦労したものです。そんな中での池島先生の発表は大変貴重で興味深いものでした。
発表後、ズカズカと質問に伺った私に親切にお応えいただいて以来、
いまだに仲良くして頂き ありがたいです。
(〃▽〃)アハハ

flair
で、そんな池島先生が講師による
ダンサーのケガ予防、正しく身体を使うために必要なエクササイズの指導ポイント その1・小中学生ダンサー編』です。
(前置きが長い……苦笑)

まずは座学。
池島先生の14年間の受診データと多くの論文をもとに考察されたお話。バレエの障害予防についてのポイントです。時間がない為、大急ぎでの説明でしたw。

続いて実技。
頚や顔をセルフマッサージしてから顔の筋肉も準備運動。
そして足踏みしながらの全身運動=動的ストレッチ。
足踏みしながらの全身運動って文章にすると分かりづらいですね。サッカーのブラジル体操みたいな全身運動、動的ストレッチです。(参照⇒ 池島先生のブログ
あと棒を使った体操。
例えば、姿勢が崩れて猫背になったり、反り腰になったりしやすいスクワットを、棒を使って姿勢を修正する方法とか。
バレエで特質した足底の筋群の強化トレーニングと
棒やスーパーボール、椅子の縁を使った足の形の作り方 等々でした。

説明しきれないので詳しく知りたい方は聞きに来てください
(^▽^;)w笑

Dsc_1103

※  今回の勉強会についての池島先生によるブログ
こちら
fuji

次回・第2回
3/12(日)14:00~16:30
高校生~30歳代ダンサーのエクササイズポイント』になります。

※ 第3回『40歳以上のダンサーのエクササイズポイント』
は、4/9(日)14:00~16:30です

ご興味のある方、お問合わせを。
(問合せはこちら⇒ AODT )  

spa
おまけ bleah

勉強会のあとは、いつもな感じで池島先生と個人的に飲み♪bottleです。

私「バレエの障害予防のために、こんな調査したいんですけど、どうしたらイイんですかねぇ?」
池「それ大変よ。まず●●して、こうやってああやって」
私「うーーーーーん…sweat02
などバレエの話に始まり、
最近、参加した勉強会と真面目な話pencilから

幽霊の話shockだとかw、
ネットで話題になってたどうでもいい話happy02まで
幅広い話を肴に美味しいお酒を頂きました。

朝から何も食べてなかった私に池島先生から「ちゃんと食べなきゃダメだよ~」と促され気がつけば結構食べてましたpigww
美味しゅうございました。♪
ごちそうさまです_(_^_)_

Dsc_1107_2

2017.2.24

この記事を共有する

腰・肩・首の痛みを解消したい方へ

松戸市,常盤平駅の整骨院

平日20時まで受付 強もみ・骨盤矯正が評判 常盤平駅より徒歩5分 巻き爪補正も評判 駐車場あり

腰痛・肩・首・頭痛を解消したい方へ

各種保険・交通事故・労災対応

初検:1割500円 3割1,200円

早く巻き爪を治したい方へ